あまりカメラには縁がなかったのですが、携帯電話やタブレットなどにカメラ機能がついているので使うようになりました。携帯電話のカメラは、常に持ち歩いているという点が大きなメリットだといえます。何かあるたびに撮影することができるからです。日付も入るので、日々の記録としてあとで見返すこともできるようになりました。 とくにそういった記録のありがたさを感じたのは、家族を亡くしたときでした。元気だった時の姿がたくさん残っていたのがうれしかったです。それまでは特別なときしかカメラを使いませんでしたが、気軽に取れるのでたくさん思い出が残っていたのです。動画も撮影できるので、動いている様子や声なども残っていました。急な別れだったので特に残していたものはなく、携帯電話の写真や動画が慰めになりました。 こういったこともあるので、何か気になることがあるたびに撮影するようにしています。その時は何ということはないことでも、後で大切な思い出になることもあるのです。